連絡先 03-3676-5123

ネット申し込み

動物取扱業登録番号 保管 16東京都保第003513号
お散歩代行、ペットシッター 対応エリア
江戸川区 ・ 江東区 ・ 墨田区
愛犬のお散歩、お世話なら
お散歩代行&ペットシッター わんさんぽ


愛犬の顔合わせ

愛犬との初対面から慣れるまで

お散歩代行やペットシッターを利用して愛犬との初対面から慣れるまでについてご紹介

愛犬と初顔合わせ

皆様の愛犬はどのタイプ?

皆様は初対面の人と会う時はどうなりますか?分け隔てなく接する人、顔は笑っているけど心では警戒している人、警戒する人、全く気にしない人といろいろですね。

犬も全く同じです。
尻尾を振って笑顔で出迎えてくれる犬、警戒する犬、尻尾は振っているけど誰だろうと不思議な顔をする犬といろいろです。

この仕事をして人間と一緒なんだと改めて実感いたします。人間同士、犬同士の相性があるように、犬と人間の相性もあります。私と愛犬との相性が合うか合わないかは、お会いしてみないとわからないのが正直なところです。今のところ、有難いことに相性の悪い愛犬はいませんが。

飼い主様にお願いが2つあります。
愛犬との初対面はほとんどが顔合わせの時です。お散歩代行、ペットシッターの詳細を飼い主様にご説明している時は愛犬を側にいさせてください。私と愛犬にとって、お互いを知る貴重な時間になります。愛犬には私を見て、声を聞いて、においを嗅いで覚えてほしいのです。愛犬にストレスを与えず、過ごしてもらうための貴重な時間です。ぜひご協力をお願いいたします。

もう一つのお願いは、
お家にお伺いした時にどうしても吠えてしまう犬がいます。ここで愛犬を叱ってしまう飼い主様がいます。(お気持ちはわかります)愛犬が適度に吠えても決して叱らないであげてください。犬にしてみれば飼い主様の家を守る為に吠えています。番犬としてのお仕事をしてくれています。だからといってここで褒めてしまうと吠えると褒められると愛犬に思われてしまうので、心で褒めてあげてください。

でも吠えすぎた場合は、さすがに注意してください。あまりにも吠えてしまうとお散歩やお世話が出来なくなってしまいます。どんな事でもやり過ぎはよくない事なので・・・

初めてのお散歩、お世話

ここですべての犬に共通するのが、お散歩中に目を丸くして不思議そうに何度も私を見ます。(最初だけ見れる貴重な表情です)

この人は何?何でこの人がお散歩に連れて行ってくれるの?と思っているかのように見ます。(目が点になるんです)嘘かと思われるかもしれないのですが本当です。ご自身に置き換えるとわかると思いますが、慣れていない人に突然連れて行かれたら何?て思いますよね。それを同じなんです。なかには、どこかに連れていかれると恐がる愛犬もいます。

一日も早く、一秒でも早く、お散歩の人と思われたいので、お散歩中はとにかく愛犬と話をします。普通の声で話しかけるので、もしかしたら周りから頭おかしいのでは?と誤解されてしまうかもしれませんが・・・

この仕事は、愛犬にストレスと与えない事が大前提です。

私は、愛犬に気持ちよく、お散歩してほしい!だけです。周りにどう思われても構いません。早く愛犬に慣れてもらうためには必要な事なので、飼い主様にはご理解いただきたいです。

お世話初日と二回目以降の愛犬の顔の違い

男の子と女の子の違い

個々の性格や犬種などに違いがあるように、男の子と女の子でも違います。男の子にはほとんど見られないのですが、

女の子は、
お散歩の人と理解してくれるまでは主導権を握りたがります。お散歩で 『 こっちこい新入り! 』 みたいに目で訴えて連れて行かれます(笑)慣れてくると無くなりますが、たまにそういった行動に出ることがあります。女の子はデリケートなので、男の子に比べると多少使う神経が違ってきます。

男の子は、
同じ同姓ということもあって、『 勝負しようぜ! 』と挑発されることがあります。若い子に多いです。私は負けじとその挑発に乗って遊んでしまいます。周りから見ると、『 ・・・ 』という感じかもしれません(笑)

愛犬が慣れるまで

ご利用頻度やご利用日の間隔や個々の性格、犬種などによっても違いますが、だいたい3回目位にはお散歩の人と理解してくれます。『 お散歩命! 』 という犬であっても、さすがの1回目は目が点になっています(笑)

以下は、特殊なケースかもしれません。
飼い主さんやご家族以外の人に慣れていない場合は、
慣れるまでに時間が掛かる場合があります。

愛犬が慣れるまでの様子

メインメニュー


サービスエリア
江戸川区 ・ 江東区 ・ 墨田区

犬のお散歩代行&ペットシッター
わんさんぽ

ご予約、お問合せは、
03-3676-5123