連絡先 03-3676-5123

ネット申し込み

動物取扱業登録番号 保管 16東京都保第003513号
お散歩代行、ペットシッター 対応エリア
江戸川区 ・ 江東区 ・ 墨田区
愛犬のお散歩、お世話なら
お散歩代行&ペットシッター わんさんぽ


イエロードッグプロジェクト

イエロードッグプロジェクトとは、
2012年6月にスウェーデンで始まった運動です。
リードに黄色いリボンや黄色い物を付けている犬を見かけたら、
近づかず、そっとしておいてねというシンプルなメッセージが込められています。

そっとしてほしい犬たちには、様々な理由があります。
他の犬を怖がったり、他の犬に異常な反応をしたり、
健康上の問題、トレーニング中や社会復帰のための訓練中だったり・・・

そういう犬を飼っている飼い主さんは、
他の犬と接触させないように細心の注意を払ってお散歩をしています。
でも限界があります。
どんなに周りに気をつけてお散歩していても、
他の犬と出合い頭に遭遇したり、連れている犬が吠えているのに、
近づいてくる飼い主さん。。うちの子は大丈夫と・・・意外に多いのです。

犬だけに限ったことではありません。
急に知らない人に撫でられると辛かったり、
ストレスに感じる犬もいます。

でもそんな犬を見分けるのは難しい。。
そこで出来たのが、この黄色いリボンです。
黄色いリボン(黄色い物)をリードに付けることによって、
そっとしておいてねというメッセージが込められています。
黄色いリボンでなくても紐でもハンカチでも大丈夫です。
日本では、まだまだ浸透していませんが、ぜひ広めていきましょう。

もしリードに黄色いリボンを付けている犬を見かけたら、

近づかずにそっとしてあげてください。

ただそれだけです。
それだけで飼い主さんと犬は感謝しています。

でもちょっと悔しいですね。
海外発信ではなく、日本発信で犬のための何かを世界に発信できたらいいですね!

イエロードッグプロジェクト

むやみに近づかない。

お散歩代行、ペットシッターの仕事は、愛犬のお世話やお散歩をしますので、お客様の愛犬とお散歩中に他の飼い主さんや愛犬とお会いします。お会いする飼い主さんや連れている愛犬を見ると、近づいても大丈夫かダメかは見てわかります。大丈夫だからといって、むやみ近づいたりはしません。相手の飼い主さんや愛犬の様子を見ながら少しづつ近づきます。これは基本中の基本です。

残念ながら、そんなことはお構いなしに近づく飼い主さんがいます。そういう飼い主さんはだいたい無表情。。たぶん何にも考えていないんだなぁと感じます。相手の飼い主さんの様子を見るのはそういう理由です。そういう飼い主さんと会ったときはすぐに離れます。トラブルの元なので。

先日も、犬が苦手な愛犬をお散歩していたとき、ノーリードの犬と飼い主さんが近づいてきました。ノーリードもどうかと思いますが・・・私はすぐに離れましたが、なぜか近づいてくる。。私が連れている愛犬がその犬に気づいて興奮して暴れ始めました。それを見た飼い主さんがリードを着けたので、これで離れてくれると思ったら、まだ近づいてくる。。えっ?嘘でしょ!と目が点になりました。さすがに無理だと思って、その飼い主さんに近づかないように言いました。それでやっと気づいたようで離れてくれました(汗)

私の感覚では、
暴れている状況を見れば、近づいてはいけないと思うのですが、それがわからない人がいる・・・残念ながらこれが現実です。

これもよくあることですが、犬同士は友達!と訳のわからない考えて近づく飼い主さんがいます。いやいや貴方の愛犬をよく見てくださいよ!歯をむき出しにして怒っていますが。。

犬が苦手な犬がいること

様々な理由から、
犬が苦手な犬がいるということ、人が苦手な犬がいることをご理解ください。


メインメニュー


サービスエリア
江戸川区 ・ 江東区 ・ 墨田区

犬のお散歩代行&ペットシッター
わんさんぽ

ご予約、お問合せは、
03-3676-5123